乳酸菌イメージ

日常生活における効率的な乳酸菌の摂取方法とは

年齢を重ねていく中で、体調管理の重要性を強く感じる機会が増えて来ましたが、最近では、特に、免疫力を高めたり、腸内環境を整えたりする意識が段々と高まって来ました。
これまでは、ヨーグルトやチーズを積極的に食べて、乳酸菌を摂取することに意識を集中していました。
ヨーグルトに関しては、付加価値として、栄養価や機能性を高めた製品が提供されるようになって来ていることから、どの製品を試したら良いのか絞り切れない位に選択肢の幅が大きく広がっています。
体調面を最優先に考えると、栄養価や機能性の高いヨーグルトの方が効果的なのですが、基本的には、コストパフォーマンスの高い大容量タイプのプレーンヨーグルトを中心に食べる機会が多くなっています。
最近では、サプリメントhttp://realworldminecraft.com/sapurierabi.htmlで手軽に摂取出来る製品も提供されるようになりましたが、継続的な摂取を考えた場合、コストパフォーマンスが悪く、実際に試す気にはなれません。
そこで、もっと効率的な摂取方法を探していると、日本茶で摂取出来るという記事を見つけました。
具体的には、碁石茶という名前の伝統的な日本茶で、乳酸菌が豊富に含まれているのが最大の特徴です。
乳酸菌には、動物性http://www.websarga.com/kind.htmlと植物性http://www.nflflag.jp/syokubutu.htmlの二種類が存在し、ヨーグルトやチーズ等の乳製品には動物性が含まれていて、碁石茶や植物性発酵食品には植物性が含まれています。
植物性は、動物性と比べて、過酷な環境の中でも生き抜くことが出来る点が最大の特徴です。
代表的な植物性発酵食品には、味噌や醤油等の調味料が該当しますが、碁石茶も、茶葉を漬物のような状態にして、強制的に発酵させています。
このようなことから、味噌汁を始めとした日本食中心の食事を取るようにすると、無意識のうちに乳酸菌を摂取していることになります。
植物性のメリットを感じ取った上で、実際に粉末状の碁石茶を購入し、味わってみましたが、鼻から抜ける風味が独特で、他の日本茶とは一線を画した味わいを楽しめました。
また、個人的には、碁石茶で炊いたご飯がお勧めです。
もちもち感が増して、食べ応えが良くなりますので、試してみる価値は十分にあります。
よって、今では、体調管理の一環として、普段の食事にも気を配り、食後や休憩時間に碁石茶を飲んだり、味噌汁や碁石茶で炊いたご飯を中心とした食事をきちんと取るようにしています。
その他にも、これまで通り、食事と食事の間にプレーンヨーグルトを食べることも継続し、安定した乳酸菌の摂取を心掛けています。

Copyright(C) 2011 菌で健康生活.com All Rights Reserved.