乳酸菌イメージ

乳酸菌を食べて美肌を手に入れましょう

お肌に悩みはありますか。
私はあります。
年齢を重ねるごとに気になることが増えてきましたが、中でも悩まされているのは、幼い頃からのアトピーです。
あの我慢できないほどのかゆみ、むずむず感、引っ掻いたあとの赤い痕。
昔はよく、背中にミミズ腫れを作っていました。
顔に症状が表れなかったので、気づかない人がほとんどでしたが、季節の変わり目などは本当につらかったです。
大人になるとアトピーhttp://www.korealawtoday.com/ato.htmlは治ると言われています。
私もその一人で年を重ねるとともに良くなっていきました。
ただ、体の症状は治まっていきましたが、顔に少しずつ表れるようになりました。
化粧品に興味を持ち始めた頃からです。
思春期真っただ中の高校生の時に、日焼け止めが肌に合わず、誰だかわからないほどに顔を腫らしたことがあります。
保健室から保冷剤を借りて冷やしながら授業を受けましたが、恥ずかしいやら、むずがゆいやらで、集中するどころではありませんでした。
収まるまでの数日間は本当につらかったです。
出来ることなら休んでしまいたかった。
こんなことがあって、私は本気で肌について考えるようになりました。
普段から健康番組を見る機会が多かったので腸内環境と肌が関係していることは知っていました。
気にかけてもいましたが、自分の力だけでは限度がありますし、何よりすぐに結果が欲しかったので、自分の肌に合う化粧品探しに力を入れていました。
ただ、どんなに選び抜いたものも、合わないものは合わないですし、使い続けているものが突然合わなくなることもあります。
あれから3度、顔を腫らす症状を経験しました。
そして、少しずつ共通点らしきものがわかってきました。
それは、ストレスが続いた後、ふっと気が緩む時に表れるということでした。
腸内環境が良い人は、肌がきれいで健康的だと言れています。
ストレスが腸に与える影響は、腸内環境を悪化させることです。
腸内環境が悪く、肌の弱っていた私には、ご褒美のつもりで食べたものや、念入りに行った肌の手入れが刺激となってしまったのだと思います。
それ以来、それまで以上に腸を気にかけた食事を心がけるようになりました。
とはいっても、お菓子もジャンクフードも食べます。
ただ、バランスの良い食事と、「乳酸菌」を意識して食べるようにしています。
おかげで、以前よりもお肌の揺らぎがなくなりました。
うれしいことに不調を感じることもあまりありません。
善玉菌である乳酸菌が悪玉菌の増殖を抑制http://www.nachucafe.jp/work.htmlして、腸内環境が改善されるという話をきいたことはありませんか。
便通をよくしたり、免疫効果を高める効果もあります。
乳酸菌というとヨーグルトhttp://www.michaelzaw.com/n_004.htmlが浮かびますが、他にもキムチや漬物、醤油や味噌などがあります。
日々の生活に取り入れて、ぜひみなさんも美肌をめざしてくださいね。
こちらの乳酸菌とヨーグルトについての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2011 菌で健康生活.com All Rights Reserved.